Artchevron_right名和晃平「Biomatrix」開催

© 2011-2018 techne LLC.

名和晃平「Biomatrix」開催

B8c7a71b6734cc5787458e3643b5e2af

2018年10月10日から、SCAI THE BATHHOUSEにて、名和晃平さんの個展「Biomatrix」が開催されています。

本展の中心となる作品シリーズ「LIQUID」(2003年-)では、シリコーンオイル、金属粉、顔料などを組み合わせた液状素材を使用し、液面に気泡(セル)を発生させています。次々と湧き上がり消滅する気泡———そのひとつひとつは、皮膜をつくる細胞の要素であると同時に、粒子の運動が引き起こす現象の単位となります。電気的に制御された液体素材のプールは、視覚情報を増幅する皮膜となり、細胞のパターンを生成する「Pixel(ピクセル)」の基盤として捉えられます。マグマや血液のように終わりのない循環を続けるシリコーンオイルは、高粘度の特性に従い、鑑賞者の予測を裏切る速度で液面の動きを描きます。細胞を生成する枠組み(マトリクス)のように整然とした配列は、同時多発的に広がる気泡の生成と消滅、そして表面張力の破裂音と共に空間を満たし、変化する視覚情報の連続が鑑賞者の感覚を刺激していきます。

名和さんはこれまでも、ホワイトキューブに流れ続ける線状の黒いオイル("Force" 2015年-)や、際限なく生成し続ける泡沫("Foam" 2013年-)など、有機的な現象を現代の化学素材で再現してきました。それはあらゆる素材を分子レベルに還元し、液体の表面張力や流動性などの物理現象に立ち返り、素材の特性を開花させる名和さんの方法論に基づいています。界面は物質と私たちの知覚を結びつける皮膜となり、空間との相互作用を通じて、ある体験としてのイメージが生成される———このとき、リアルとバーチャル、ミクロとマクロ、自然と人工などあらゆる対立がこの皮膜の上で消え去り、シリコーンオイルに湧き上がる気泡が、生体とオブジェの境界を超えて鑑賞者に迫ります。

「Biomatrix」の会期は12月8日まで。

event_note

Information

名和晃平「Biomatrix」

会期
2018年10月10日(水)- 12月8日(土)
時間
12:00 - 18:00
閉廊日
日・月・祝
会場
SCAI THE BATHHOUSE 東京都台東区谷中 6-1-23 柏湯跡
Web
http://www.scaithebathhouse.com/
map

Map

SCAI THE BATHHOUSE

バージョン情報
Version 3.0
閉じる