Artchevron_right2020年にクリストが凱旋門を梱包する作品を発表

© 2011-2019 techne LLC.

2020年にクリストが凱旋門を梱包する作品を発表

By the editors of TECHNÉ, posted at 08:25 PM on April 5, 2019

Christo, L'Arc de Triomphe, Wrapped (Project for Paris) Place de l'Etoile – Charles de Gaulle, 2019. Photo by André Grossmann, © 2019 Christo.

2020年に、アーティストのクリストが、パリの凱旋門を梱包した作品を発表します。

1958年に、パリで梱包作品などを制作し始めたクリストは、妻のジャンヌ=クロードと1961年頃から共同制作を開始し、1964年にはニューヨークへ移住しました。その後も、様々な場所を梱包し、作品を発表しています。梱包以外では、ロッキー山脈の谷に巨大なカーテンを吊るした「ヴァレー・カーテン」があります。

パリの凱旋門で行われる「L’Arc de Triomphe, Wrapped 」という名の本プロジェクトは、約25,000㎡(270,000平方フィート)のリサイクル可能な銀色を含む青い布で覆い、約7010メートル(23,000フィート)の赤いロープで凱旋門を包みます。

本作品は、パリのポンピドゥーセンターで開催されるクリストの展覧会にあわせて、2020年4月6日から4月19日までの14日間公開されます。

バージョン情報
Version 3.0
閉じる