Artchevron_rightウーヴェ・コヴァルスキの回顧展がドイツの美術館で開催

© 2011-2020 techne LLC.

ウーヴェ・コヴァルスキの回顧展がドイツの美術館で開催

By the editors of TECHNÉ, posted at 09:05 PM on January 8, 2020

Uwe Kowski, Traube, 2019, Oil on canvas, 180 x 165 cm, Photo: Uwe Walter, Berlin

2020年1月12日から、ドイツの美術館Kunsthalle Rostockにて、ウーヴェ・コヴァルスキの過去10年の作品を紹介する回顧展が開催されます。

ウーヴェ・コヴァルスキ(Uwe Kowski)は、1963年ライプツィッヒ生まれのアーティストです。一見、抽象的に見える彼の作品イメージは、常に私たちを取り巻くもの、社会的および政治的存在に影響されています。作品は写真や構図の直感的なアイデアに基づいており、常に新しい形、色調で描かれています。

「私にとって、絵画は何よりもまず表面です。その中に、スペースを作ることができれば、それはさらに良いものになります」とウーヴェ・コヴァルスキは言います。ただし、空間をつくるために、絵画の古典的な原理を使用することはありません。彼の筆は絵画全体を覆い、絵画空間全体を占めています。多くの場合、画像はフレームを超えて継続しているように見えます。それはまるで、絵画が大きな何かの抜粋に過ぎないかのようでもあります。

本展の会期は、2020年2月23日までとなっています。

バージョン情報
Version 3.0
閉じる