Entertainmentchevron_rightCELINE SS 2020のサウンドトラックを手がけたブルックリン発のバンドBODEGA

© 2011-2019 techne LLC.

CELINE SS 2020のサウンドトラックを手がけたブルックリン発のバンドBODEGA

By the editors of TECHNÉ, posted at 02:33 PM on July 6, 2019

2019年6月23日(現地時間)に、エディ・スリマンによるCELINEの2020年春夏コレクションが発表された。

1970年代のファッションからインスピレーションを受けたコレクションは、フレアジーンズ、ピンストライプスーツなどが登場。とくにフレアジーンズは、これまでのエディのコレクションでは代名詞となっているスキニージーンズがお馴染みであったが、今回のコレクションではフレアジーンズが多様されている。

このCELINE2020年春夏コレクションのサウンドトラックを手がけたのが、2018年に『Endless Scroll』でデビューしたブルックリン発のポストパンクバンドBODEGAだ。Franz Ferdinandのツアーに参加するなど、デビュー前から注目を集めていた。CELINEでのサウンドトラックも、『Endless Scroll』に収録されている曲で構成されている。バンドの公式インスタグラムには、エディ・スリマンが撮影した写真を数点投稿している。

日本でのライブ情報はないが、今後の開催が注目される。

バージョン情報
Version 3.0
閉じる