Fashionchevron_rightルイ・ヴィトンのタンブール ホライゾンなど〈ファッションブランドのスマートウォッチ〉

© 2011-2019 techne LLC.

ルイ・ヴィトンのタンブール ホライゾンなど〈ファッションブランドのスマートウォッチ〉

F93f2ecb6f4c8a7eb0077ace02613008

2019年1月、ルイ・ヴィトンから、コネクテッド ウォッチの「タンブール ホライゾン V2」の最新バージョンがリリースされました。

「タンブール ホライゾン V2」は、既存モデルの好評を受け、外観、コンテンツ共にさらに充実したオプションを揃えています。

【タンブール ホライゾン V2】
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/articles/the-new-tambour-horizon?campaign=sn_TambourHorizon_TW_PUBL_JP_JPN_AW_20190125120000_

〈ファッションブランドのスマートウォッチ〉

アップルからは、エルメスのレザーストラップをまとった「Apple Watch Hermès」が発売され、人気シリーズになっています。

また、スマートフォンを販売している企業からも、様々なスマートウォッチが発売されています。これらのスマートウォッチには、Googleの「Wear OS」が搭載されています。「Wear OS」はスマートウォッチ向けに設計されたAndroidベースのOSです。

スマートフォンを販売している企業以外にも、ファッションブランドや高級腕時計ブランドから「Wear OS」を搭載したスマートウォッチが発売され、ルイ・ヴィトンの「タンブール ホライゾン」にも、Googleの「Wear OS」が採用されています。

ルイ・ヴィトンと同じLVMHグループのウブロからも、スマートウォッチが発売されています。2018年に開催されたサッカー・ロシアワールドカップにて、レフェリーがウブロのスマートウォッチを身に着けていました。ボールがゴールラインを完全に超えると、レフェリーのスマートウォッチに通達され、曖昧な判定のサポートをしました。

その他にも、マイケル・コース、エンポリオ・アルマーニ、モンブラン、ブライトリング、タグホイヤーなど、様々なブランドにGoogleの「Wear OS」が採用されています。

【マイケル・コース】

【ブライトリング】

【モンブラン】

バージョン情報
Version 3.0
閉じる